アセス北梅田について

スタッフからのご挨拶

施設長 美濃部 英樹

はじめまして。グループホームアセス北梅田施設長の下司と申します。

グループホームアセス北梅田の「アセス」には、『いつも笑顔で明るい空間』という思いが込められています。
ご入居者様・スタッフ共にアセスで過ごす時間が、楽しく・笑顔溢れる空間であり続けるよう、ご入居者様に寄り添いながら日々の生活を過ごしております。


また、『人を癒し』『人を活かす』仕事であることを誇りとし、人との繋がりを大切に、地域の皆様に愛されるような施設であり続けるよう、これからも尽力してまいります。


施設長 下司 多佳子


グループホームについて

グループホームとは、「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれており、介護保険の地域密着型サービスの1つとして定められています。
認知症によって自立した生活が困難になった方々が、少人数の家庭的な雰囲気の中で互いに助け合いながら共同生活を送ります。

規則に縛られることなく、自分のペースを保ち、お互いがなじみの関係になるため、精神的安定が得られます。
食事の準備や掃除など自分の身の回りのことから趣味に至るまで、自分で出来ることを自ら行います。
介護スタッフは、はお年寄りの自立をやさしく見守り、必要な時に必要なだけの介助の手を差し伸べます。

グループホームでのこのような生活の仕方は、入居者様個人の尊厳を保ち、忘れかけていた自然な日常の生活を取り戻し、生活能力の維持・回復が得られ、認知症の進行を緩和するためにも有効であると考えられています。 




アセス北梅田の理念